×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アルコール依存症 水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラム 口コミと体験談

詳細はこちら>>クリック

     

貴方は、家族がアルコール依存症で毎日辛い日々を送ってはいませんか?

そして、貴方はどんな対処をしていますか?

もしかして、このような事はありませんよね?

例えば

お酒をやめるように説教してしまう

医者に指示された通り節酒をすすめている

お酒を隠したり、取り上げている

本人が事の重大さ(底つき)に気付くのを待っている

飲酒が原因で起きた問題の尻ぬぐいをしてしまう

お酒を飲んでいない時は普通なので、我慢をしている

飲まないという口約束をさせる

飲ませないように監視している

もし、心あたりがあるようでしたらアルコールに対する誤解と偏見から、あなたは間違った対応を続けていることになります。

そして、貴方はアルコール依存症の家族を見ては

お酒を飲まなければいい夫なのですが!

飲まない約束をまもってくれない!

私自身もうつ病や不安神経症になっています!

どの程度まで面倒をみたらいいのでしょうか?

どうやってお酒をやめさせたらいいのだろうか?

と毎日悩んではいないでしょうか?

そして、いろいろなアルコール依存症の対処方法のノウハウを試したり、本をたくさん読んだり、インターネットで調べたり、

実践したりしたと思います。

それで、結果どうだったでしょうか?

散々な目にあったのではないですか?

そして、貴方は

「もうアルコール依存症は治らないんだ・・・」

と諦めていませんか?

ちょっと待って!

危険な薬を使ったり、強制的に従わせる事無く

お酒を飲み続ける本人がお酒を断ちアルコール依存症から回復できるという

アルコール依存症 水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラムの口コミと体験談をご覧になって、ご購入の参考にしてください。

     

  <a href="http://www.linkedtube.com/-3Wz_qfT2Wsdce257bdf1652b4c9dbe54ab5233edb0.htm">LinkedTube</a>

     

アルコール依存症 水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラムの口コミ

アルコール依存症 水澤都加佐のアルコール依存症援助プログラムの体験談

■今後も断酒が続く様に頑張っていけそうです。

女性 25歳 福岡県

はじめは、アルコール依存症って言葉に変な 勘違いや先入観を持ってましたが、

水澤先生が おっしゃった方法を実践してみたら、

アルコール依存症 患者の偏見がなくなり、本人ではなく家族である、

私がいけなかった事に気付き、支えてあげる事が出来る 様になりました。

ありがとうございます。

小さい子供を持つ家庭としては、旦那がアルコール 依存である事が本当に凄く嫌で、

いつも辞める様に、 ダメだとわかっていても口うるさく言ってました。

本人の気持ちも凄くわかります。辞めたいけど飲みたい。

お酒が嫌いな私としては、自分の体を犠牲にしてまでも 飲酒する理由がわからず、

どうしたら辞められるかと頭を 悩まされてました。

医者からも辞める様に言われてまし たが、毎日飲み続け、体も悪くなるばかりで。

これからも、私の気持ちを切り替え、先生から言われてた事を 取り入れ、

旦那の事を家族で支えて、今後も断酒が続く様に頑張っていけそうです。

まずは私がアルコール依存症に ついてよく理解をする事。

本人じゃなく家族が直してあげれると言う事を教えてくれて

本当にありがとうございます。

     

いかがですか?

まだまだ沢山の口コミと体験談がありますが、ここではこれ以上かけません。

このノウハウは、本や世間一般にいわれている方法ではなく

今までのアルコール依存症の対応方法とは、全く違うので

本をたくさん読んだり、病院等で行ってダメだった貴方にはピッタリですよ。

そして、アルコール援助プログラムはあなたの家族を

アルコールからすくいだすことができますから

元の家族の絆をとり戻しアルコール依存症で苦しむ前の

楽しい日々が送れる生活ができますよ。

気になりましたら、詳細はこちらより詳細をご確認ください。

     

詳細はこちら>>クリック

     

はじめまして、水澤都加佐と申します

はじめまして、水澤都加佐と申します

1943年生まれ

学習院大学卒 日本社会事業大学研究科修了

カリフォルニア州のべティ・フォード・センター、
メイトリックス・インスティテュート、
メサ・ビスタ・ホスピタル、アリゾナ州のメド-ズ、
シエラ・テューソンなどで集団療法、認知行動療法、
ナラティブセラピー、インタベンション、グリーフ・ワークなどトレーニングを受ける。
神奈川県立精神医療センターせりがや病院心理相談科長、
アルコール薬物問題全国市民協会(ASK…アスク)副代表、
アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター所長を経て
現職は、Healing & Recovery Institute 所長。

自らカウンセリングを行うだけでなく、
多くの治療・援助者のスーパーバイザーをつとめ、
企業や官庁のメンタルヘルス対策の
アドバイザーとしても活躍。各地での講演多数。著書・訳書多数。

いろいろなメディアでも紹介されているので
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね

わたしがこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

病気への誤解と偏見が多く、正しい知識、

正しい回復方法を知らないで

悩んでいる人があまりにも多いから、

「正しい知識をもち、正しい方法を実践すればお酒を断ち

アルコール依存症から回復できるという事実」

を一人でも多くの方に知ってもらいたいとおもったからです。

詳細はこちら>>クリック